Home > > AMIJED(アミジェダ)

デザイナーが世界の各国で出会ったヴィンテージボタン・ロザリオ・メダイなどの教会ピースを組み合わせて作りあげた、チャームネックレスを中心としたアクセサリーブランド。国々の独自の感性があらわれたパーツが交錯したとき、あなただけのUnique Pieceができあがります。お守りや、人から人へ代々受け継いでゆくアイテムとして、芸能界・美容業界のおしゃれキーパーソンにも愛されるアクセサリーを展開しています。
  • 長崎出島発祥の文化

    日本の鎖国時代に唯一海外との交流が盛んに行われた出島。出島から伝わったカルチャーは数多く、キリスト教もその1つとされています。そんな出島から伝わったボタンやキリスト教などの文化がAmijedaのルーツとなっています。また、Amijedのブランド名は、信愛・友達という意味を持つ「amigo」の「ami」と、「jed」は日本を表し、2つの言葉を組み合わせた造語です。そのAmijedを反対から読むと“dejima”に。キリストの文化に触れ、多くの人たちを魅了するオシャレカルチャーを日本から世界へ発信していく新しいブランドが誕生しました。

  • 大切な人の心をメダイが繋ぐ

    メダイは日々身に着けることによって、自身の良い気をためるお守りのような存在です。世界では、その気をためたメダイを大事な時に恋人や家族など、大切な人に渡す文化があります。恋愛が実ったとき、試験がうまくいったとき、目標が達成したとき、次にその目標を達成して欲しい大切な人へ「次はあなたの番だよ」とメダイを渡す。その想いが次々と繋がって、たくさんの結びつきをくれるのです。まるで魔法にかかったように引き込まれるメダイの魅力と、自身の気持ちを表現してくれる自分だけのメダイとの出会いを体感してみませんか?

  • 各界の著名人も愛用

    芸能界・美容業界・アパレル業界など各界の著名人が注目し、実際にアイテムが愛用されています。本人がイベントSHOPに足を運び、自分でメダイを選ぶ姿も。彼女たちのSNSへの投稿により、ブランドは多くの人が知ることになりました。その影響もあり、イベントの売上は各テナントのイベント売上実績を塗り替えるほどに。ブランドとして確立した存在となっています。

  • 色の持つ意味

    1つ1つ手作りされた教会特有のメダイ。そのメダイにあしらわれた色や形は1つ1つ意味を持っています。何を選ぶかで今日の気分が分かったり、メダイに願いを込めたり…組み合せも選び方も自分次第。

このブランドのカタログPDFを見る
INFORMATION
このブランドのカタログPDFを見る
お取引を希望される方へ
お取引メーカー一覧(会員限定)
同じカテゴリーの他のブランド
  • ごとう醤油
  • マルミツポテリ
  • うきはの山茶
  • staub(ストウブ)
  • 江の浦海苔本舗
  • tower(タワー)
  • MARBLE(マーブル)
  • 柳 宗理
  • togetubo clinic(トゲツボクリニック)
  • method(メソッド)
  • TEAtrico(ティートリコ)
  • Regular assortment(定番商品)
  • THERA(テラ)
  • opuro(おぷろ)
  • nobiretch(ノビレッチ)
  • My.(マイ)
Back to top
↓

株式会社ニシカワ NISHIKAWA Co., Ltd.

 

 
パスワードをお忘れですか ?